疲れ目に効果的だといわれているツボは3つあります。 ・睛明(せいめい) ・客主人(きゃくしゅじん) ・風池(ふうち) この3つのツボが疲れ目に効くでしょう。 まずは、睛明(せいめい)についてです。 目の内側の鼻根に窪んだところがあると思いますが、そこが睛明というツボです。 ここを左手の親指と人差し指でつまむようにして、刺激してください。 そうすると、目の疲れが癒されるはずです。 また、客主人(きゃくしゅじん)というのは、頬骨弓中央の上の方にあるツボで、ここを人差し指で刺激することによって、目の疲れがとれていきます。 そして、風池(ふうち)は、後ろ髪の生え際、僧帽筋の外側にあるツボです。 ここを左右同時に圧迫することで、血流が良くなり、目の疲れが解消されます。 ツボを押す時に気をつけていただきたいのが、力の入れすぎです。 あまり力を入れすぎないように、優しくゆっくりとツボを押すようにしてください。 また、長時間行うのも好ましくないので、適度な時間で止めましょう。 これらのツボを定期的に刺激することによって、疲れ目をとることができます。 もし、これでも疲れ目が解消されない場合は、蒸しタオルを目の上に当てると楽になるはずです。